Play to Earn、Move to Earn BCG NFTゲームの始め方|使用通貨の準備の仕方

Play to Earn、Move to Earn BCG NFTゲームを始めたいけれど、方法がわからずに困っていませんか?この記事を見ると、ゲームプレイに必須となるイーサリアム、Maticなどの必要通貨を購入するといった下準備ができるようになります。最後まで読んでいただければ、今ある9割のPlay to earn、Move to earnのゲームプレイができると思います。

メタマスクとは?何ができる?

メタマスクとは、仮想通貨(暗号資産)を保管するためのイーサリアム系のソフトウェア(オンライン)ウォレットアプリです。仮想通貨取引には欠かせません。

DEX(分散型取引所)やNFTゲームと連携して使用できる汎用性の高い、便利なウォレットです。仮想通貨の保管以外にも、アプリ内でのスワップ、仮想通貨の受け取り、送金などができます。イーサリアム系のウォレットですが、有名なチェーン(アバランチ、バイナンススマートチェーン、ポリゴン(Matic))も追加することで使用できます。

メタマスクのインストール・初期設定(スマホアプリ)

メタマスクにはスマホアプリ版、ブラウザ(PC)版があります。今回はスマホアプリ(Android)版を例にインストールから初期設定についてご説明いたします。

メタマスクのインストール・初期設定

まずはメタマスクをインストールします。

  1. 新規ウォレットを作成
  2. パスワードを作成(8文字以上)
  3. 秘密のリカバリーフレーズを表示させ、書き留めます。
    1. ※ウォレットを復元するための12個のフレーズを表示させます。紙などに書き留めましょう。スクショやクラウドへの保存は、情報が漏れる可能性があるので非常に危険です。
    2. 書き留めた12個の各単語を表示された順序通りに選択します。
    3. バックアップとウォレットの作成が完了します。

メタマスクのチェーンの切り替え、追加

ウォレットの作成が完了すると、上記のメイン画面になります。赤枠内が、アカウント1のウォレットアドレスになります。仮想通貨の受け取りに必要なウォレットアドレスのコピペが行えます。

イーサリアムはイーサリアムメインネット、BNBはバイナンススマートチェーン、

MaticはPolygon Mainnetを使用します。

チェーンの追加もタップすることで簡単に行えます。

コインチェックからETHをメタマスクへ送金する方法

コインチェックからETHをメタマスクへ送金する方法をご説明いたします。ETHの購入が完了していれば、ウォレットにETHの残高が表示されます。

送金先アドレスの追加方法

コインチェックアプリを起動し「ウォレット」「ETHイーサリアム」「送金」「宛先を追加/編集」をタップします。

「ラベル」にメタマスクなどのわかりやすい名称を入力、「宛先」にメタマスクのウォレットアドレスをコピペして貼り付けます。手入力すると間違える可能性が高いので、メタマスクのアプリを起動し、ウォレットアドレスをコピペして貼り付けてください。

SMS認証用コードを送信して認証して宛先を追加します。

メタマスクへの送金方法

送金サービス名は「その他」を選択して、「バイナンス」と入力します。受け取り種別は「本人への送金」、「送金額」を入力、送金手数料は0.005ETHかかります。

コインチェックからバイナンスへの送金方法

引用元:バイナンス公式

バイナンスは大手の海外仮想通貨取引所です。バイナンススマートチェーンを開発し、主軸となる仮想通貨BNBの他にも数多くの銘柄を取り扱っています。日本では売買されていない銘柄も取引可能です。

注意点として日本の金融庁の認可は下りていませんので、使用は自己責任でお願いいたします。

引用元:日本金融庁・暗号資産交換業者登録一覧

バイナンスのアカウント作成方法(3ステップ)

バイナンスのアカウント作成方法をご説明いたします。

バイナンス公式

  1. メールアドレスを登録します。
  2. 認証メールが送信されますので、6桁の認証コードを入力します。
  3. 氏名、住所を入力、本人確認証(パスポート、マイナンバーカード、運転免許証のいずれか)をアップロードします。

コインチェックで購入・バイナンスへの送金方法(リップル・XRP)

コインチェックでリップルを購入しバイナンスへ送金する方法をご説明いたします。

コインチェックでリップル・XRPを購入します。

リップルを購入する理由は、送金手数料0.15XRP(現在価格で10円ほど)と安いためです。バイナンスでBNBへスワップが可能です。BNBへのスワップができれば、その他の銘柄へのスワップもほぼ対応が可能となります。

バイナンスのリップル・XRP受け取りアドレスの確認

バイナンスアプリを起動し、「ウォレット」「仮想通貨の入金」「XRP」と入力し検索する。

ネットワークは「Ripple」をタップします。(間違えると資金を失う可能性があるので注意してください)

左画像:バイナンス 右画像:コインチェック

バイナンスのXRP入金画面「アドレス」「タグ」の2つをコインチェックのXRP送金「宛先」「宛先タグ」にそれぞれコピペして貼り付けます。間違うと資金を失いますので、ご自身で間違いがないことを2回確認するか、少量のXRPを送金テストすることをおすすめいたします。

間違いがないことを確認したのちに、送金します。

バイナンスでのスワップ方法

バイナンスでのスワップ方法をご説明いたします。スワップできるペアは検索窓に入力することで確認できます。通貨ペアがあるものでしかスワップすることができませんのでご注意ください。例として、XRPからMaticへスワップする手順をご紹介いたします。

流れとしては、XRP→BNB、BNB→Maticと2回のスワップが必要です。XRP/Maticの通貨ペアはありませんので、上記の流れが必須となります。

まずはXRPからBNBへスワップします。コインチェックからバイナンスへの送金完了が確認できればスワップが可能です。送金に通常では数分間必要です。数分間で完了しない場合は、アドレス・タグ間違いの可能性がありますのでコインチェックの送金履歴を確認してください。

バイナンスのアプリの最下部「マーケット」をタップして最上部の検索窓に「XRP」を入力すると上記の画面になります。両替できる銘柄の一覧が表示されますので、「XRP/BNB」「購入」をタップします。

トレードメニュー、両替画面に移行します。指値または成行注文で欲しい数量を入力して「購入」をタップ、約定すれば購入が完了します。

次に、BNBからMaticへスワップします。上記のXRPと同様の手順で行います。

「マーケット」の検索窓に「MATIC」と入力し「MATIC/BNB」「MATICを購入」をタップ、約定すれば購入が完了します。

バイナンスからメタマスクへ送金する方法

BNBとMATICの2パターンをご紹介します。

どちらも「ウォレット」「出金」をタップし検索窓に「BNBまたはMATIC」と入力、「仮想通貨ネットワーク経由で送信」を選択します。

BNBの送金方法

メタマスクの受け取りウォレットアドレスをコピペして貼り付けると、ネットワーク「BEP-20」が自動で選択されます。金額を入力して出金すると、メタマスクに送金が完了します。

・送金画面・左画像:BNB 右画像:MATIC

MATICの送金方法

BNBとは違う点がありますのでご注意ください。メタマスクの受け取りウォレットアドレスをコピペして貼り付けると、ネットワークに「一致するものが複数ありますので、選択してください」と表示されますので、使用するネットワークを選択します(基本的にポリゴンで問題ありません)。

※使用するチェーンをご自身で選択してください。

メタマスクの接続方法

メタマスクはDEX(分散型取引所)などに接続することで、売買取引やステーキングができるようになりますので、その方法をご説明いたします。

基本的にメタマスクアプリ内のブラウザから接続したいサイトを検索してウォレットを接続してください。Googleなどのブラウザから検索したサイトは、接続できない可能性が高いので、ご注意ください。

STEPの公式サイトを例としてご説明いたします。

ウォレットの左上のメニューからブラウザをタップします。右の画像に変わりますので、検索窓に「STEP io」と入力し検索します。以下の画像のように、検索結果が表示されます。サイトをタップして、購入画面へ進むと「ウォレットを接続」ボタンがあるのでタップして接続します。

ネットワークチェーンとアカウントが合っていれば上記画像のように、BNBとSTEPの保有数が表示されます。あとは欲しい数量を入力してスワップしてください。DEX(分散型取引所)は基本的に、仮想通貨を保有しているアカウントを選択して「ウォレットを接続」して取引をする手順ですので、覚えておくとよいでしょう。

注意点としては、公式以外のサイト、信頼性が怪しいプロジェクトのサイトなどには接続しないこと、メタマスクを接続したままにしないことです。

怪しいサイトに接続すると、資金を失うリスクがあります。接続したままにすることも、ハッキングされ資金を失うリスクがゼロではありません。使用時にのみ接続し使用しない場合は、ログアウトをする癖をつけてください。むやみにウォレットを接続する、接続したままにする行為は、資金を失うリスクがあることを理解したうえで、メタマスクをご利用ください。

取引が終了したあとは、右上のメニューから「ログアウト」をタップします。これでウォレットの接続を切ることができます。

まとめ

  • メタマスクは仮想通貨の受け取り、送金、スワップなど仮想通貨取引では必須のオンラインウォレットアプリです。
  • バイナンスでは、日本で取引されていない銘柄も取引が可能ですが、日本の金融庁の認可は下りていないので、自己責任で取引を行ってください。
  • 仮想通貨の送金、受け取りをする際は、宛先アドレス、チェーン、宛先タグを間違えると資金を失うリスクがあります。
  • ウォレットを接続する際は信頼できるサイトにのみ接続することで、資金を失うリスクを抑えられます。

メタマスクを使い方を解説してきました。受け取り、送金には注意が必要ですが、宛先、宛先タグ、チェーンを2度確認する、少額でテスト送金を行う癖をつけておくことで、資金を失うリスクは減らせます。大切な資金を失わないように気を付け、よりよい仮想通貨ライフを送ってください。